月別: 2018年5月

デザイナーベビー

私は最近デザイナーベビーに関するニュースを見ました。
ニュースによると、受精卵の段階で遺伝子操作をすることによって、外見や健康面、運動能力などを親の希望通りの子供を作ることができるというものでした。
私はそのニュースをみて科学の進歩は凄いと思った反面、少し怖いなとも思いました。
もちろんこの技術が医療の面で活用されれば、人類にとってものすごくプラスになるかもしれません。
しかし、一般的に活用できるようになってしまったら、人が生まれながらに持っている個性がなくなってしまうのではないかと心配です。
人が人工的に作れてしまう、これは道徳的にどうなのかなと疑問に思いました。
私は人それぞれ様々な人がいるからこそ世界は面白いのであって、みんな同じような完ぺき人間になってしまってはつまらないとおもいます。
アメリカではこの技術に特許が認められ、活用され始めるのは時間の問題だろうとのことです。
今までSFのアニメや映画で見ていたような世界が現実になり始めています。
アニメや映画で見ている分には凄いなと思うだけでしたが、実際現実化してくると少し怖いですね。
ピンクゼリーの種類を解説

Categories: 日記